苦痛のマンモグラフィ

私のオッパイは小さいですが、別に気にしていません。
大きい小さいは見た目だけの問題。
でも困るのが乳がん検診。
女性としては乳がん検診を受けるのは大事なことです。
乳がんのリスクはオッパイの大きい小さいは関係ありませんが、乳がん検診のマンモグラフィは大いに関係あります。
マンモグラフィは乳房を出来るだけめいいっぱい上下に挟むので、オッパイの小さい私には正直痛いです。

苦痛です。
検診を受けた後は痛さで背中が丸まります。
もちろんその時の技師さんのうでや本人の体調により多少の差はあります。
でもオッパイの大きい人はきっとこういう痛みはないと思います。
因みに男性の乳がんの検診は女性と同じ事をするとのことを技師さんから聞きました。
男性はオッパイの小さい女性より大変だということですよね。
やはりエコーや触診だけでは不十分だろうし、マンモグラフィとエコー、触診3つを受けてより良い検診となると思います。
乳がん検診の必要性を理解していても、やっぱり検診の苦痛は検診を受ける女性の数を左右します。
医療技術の進んだ我が国日本、出来るだけ多くの女性が苦痛のない乳がん検診を一日も早く、どこでも受けられることを望みます。
今年も頑張って乳がん検診を受ける予定です。
バストアップクリーム

You may also like...